当クリニックについて

霧島市で地域密着を掲げ、31年が経ちました。これからも地域の皆様に愛されるクリニックであり続けられるよう、スタッフ一同努力してまいります。

医師紹介 Doctor

渡辺院長

渡辺眼科クリニック院長 田中 最高Tanaka Yoshitaka

 当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。渡辺眼科クリニック院長の田中最高と申します。今まで県内外の基幹病院で研鑽を積んできましたが、お一人お一人の患者様と長く向き合っていけるかかりつけ医を目指し、平成30年7月に当院を承継いたしました。 かかりつけ医にとって最善の医療とはやみくもに治療を行うことではないと考えています。先代院長の理念を引き継ぎ、患者様一人一人に応じたわかりやすい説明と立場を尊重した診療を心がけます。30年以上にわたる当院の歴史と信頼を大事にしつつ、そして一方で新しい技術や知見を積極的に取り入れながら、眼科地域医療の中核を担いたいと志しております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

略歴

  • ラサール高校卒業
  • 鹿児島大学医学部卒業
  • 鹿児島大学病院眼科
  • 鹿児島市立病院眼科
  • 今村病院分院眼科医長
  • 九州厚生年金病院(現JCHO九州病院)眼科医長
  • 鹿児島厚生連病院眼科部医長
  • 平成29年7月 渡辺眼科クリニック副院長
  • 平成30年7月 渡辺眼科クリニック院長

資格

  • 日本眼科学会専門医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医(視覚障害)
  • 難病指定医
  • 日本網膜硝子体学会PDT認定医
  • ボトックス登録医

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本緑内障学会
渡辺院長

渡辺眼科クリニック名誉院長 渡辺 忍Watanabe Shinobu

 当院は昭和62年に開院し、お蔭様で31周年を迎えることが出来ました。これもひとえに地域の患者様のご支援の賜物と感謝申し上げます。 開院当初からの当院のモットーは『 日進月歩の最新の医療を学び、患者様に最良の医療をお届けし、暖かい触れ合いで地域の方に信頼され、選んで戴けるクリニック作りを目指す 』となっております。そして、患者様との対話を重視し、患者様の目に対する不安を少しでも取り除き納得、満足して戴くことをスタッフ共々目指しておりますので、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。また、当院は医業承継により7月から田中先生への院長交代を行い、二診体制のまま更に診療内容の充実が図られております。もし、目のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽にご相談戴ければ幸いです。

略歴

昭和53年 熊本大学医学部卒業 鹿児島大学眼科学教室入局
昭和56年 肝属郡医師会立病院眼科部長
昭和62年 渡辺眼科クリニック開業
平成30年 渡辺眼科クリニック医業承継
渡辺眼科クリニック名誉院長

資格

  • 医学博士
  • 日本眼科学会認定眼科専門医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医(視覚障害)
  • 難病指定医

所属学会

  • 日本眼内レンズ屈折手術学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本緑内障学会
  • 日本弱視斜視学会
  • 日本コンタクトレンズ学会
  • 日本涙道・涙液学会
  • アメリカ白内障眼内レンズ屈折手術学会(ASCRS)

スタッフ紹介 Staff

Message メッセージ
患者さまご家族さまから、当院を選んでよかったと思っていただけるように努めてまいります。些細なことでもお気づきのことがありましたらいつでもお声かけください。

看護部

看護部

検査部

検査部

受付部

受付部

アクセス

  • 霧島市「国分駅」より徒歩5分
  • 隼人東インターより車で10分
  • 駐車場あり(52台)

ページトップへ戻る